消費者金融は総量規制、銀行は総量規制外

総量規制は聞いたことがあるかもしれません。
金融の取り扱いすべてに関わるものではなく貸金業に関するものとなっています。
銀行は銀行法によって管理されていますので総量規制外となります。
総量規制とはそもそもどんな法律なのでしょうか。
お金を借りる側の私たちは総量規制が最も借り入れに関係する法律になっています。
全ての借り入れに関するものではありませんが、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などの貸金業を利用するときに関わってくる法律です。
もともと1990年に行われた行政指導ではありましたがこれが1年9か月という短い期間で解除されることとなりました。
そして貸金業には過剰貸し付けの抑制を目的とした総量規制が2010年に施行されました。
原則年収の3分の1を超える貸し付けはできない、逆にいえば個人もまた年収の3分の1を超える借り入れはできないこととなります。
年収を無条件に申告のまま信用することはできません。
なにしろその規則を破ったときにはその貸金業者は営業を続けることができなくなるでしょう。
1社から50万円、もしくは他社からの借り入れを合わせて100万円を超える貸し付けのときには収入を証明することが義務付けられています。
総量規制は個人の借り過ぎを防ぐことも目的の一つになっています。
これがあることによって借り入れ金額が少なくなることが危惧されるかもしれませんが、実際に必要な金額はそれほど大きなものにならないでしょう。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

無利息期間を使うなど上手な学生キャッシングを心がけよう

キャッシングにうまいも下手もあるものかと考えるかもしれません。
しかしキャッシング業者選びは慎重に行わなければならないものであり、またさまざまな条件によって決めたキャッシング業者での使い方も慎重に考えなければなりません。

キャッシングを上手に活用できる人は、この二つが守られています。
・キャッシング業者選びが適切
お金を借りる方法と返し方が適切
この適切というのは非常にあいまいな表現に感じるかもしれませんが適切としか言いようのない使い方をしている学生もいるのです。
当然反対にキャッシングをうマック活用できない方は既に業者選びに失敗している可能性もあります。

無利息期間があるとなれば魅力的に感じるものです。
ただしそれだけが重要なのではなく返済方法も考えておきたいところです。
惹かれるものが何であるのか、それも重要ではありますが実際の利用にはどのようなメリットがあるのかも知っておかなければならないでしょう。

消費者金融でも銀行でもそれぞれに特徴があり、また消費者金融の中でも特徴は異なってきます。
メリットがあることと同様にデメリットもあります。
問題はメリットがどこにあるのかだけではなくそのデメリットは自分にとって許容範囲となるものであるか検討しましょう。
デメリットも自分にとってどうにもできない対応ができないものになることもあります。
しかし考えてみればそれほど困難なものではなくそれを回避するための別の道があったのだということもあるものです。

Posted in キャッシング | Leave a comment