クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の違い

消費者金融が貸金業だということはわかりやすいでしょう。
お金を貸すこと、それが貸金業です。
銀行もまた融資がありますのでお金を貸すという業務はあるものの、預金など別の商品もありますので銀行は銀行法で管理されており貸金業ではありません。
貸金業の中にはほかに私たちの身近にもう一つあります。
大手消費者金融一覧だけが貸金業なわけではありません。
クレジットカードのキャッシング枠です。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。
ショッピング枠は買い物をしたときの決済方法、支払方法として使われるものであり簡単にいってしまえば後払いとなる支払いです。
最近では身分証明の一つにも使われることがあり、信用があることの証明ともなりつつあります。
クレジットカードを持つためにはそもそも審査が必要であり支払い能力があると判断されたときでなければ契約されることはありません。
ショッピング枠とキャッシング枠はそれぞれに決められた枠があることもありますし、合計した限度額がありその中でどちらにどの程度使っても自由ということもあります。
クレジットカードのキャッシング枠は貸金業に管理されています。
そのため総量規制の対象となっていますのでクレジットカードのキャッシング枠は消費者金融の借り入れ金額と同様に借入限度額に影響します。
総量規制を知るためにはどんなものが貸金業になっているのかも知っておく必要があります。
また限度額がある以上、債務となりますのでキャッシング申込みの審査にマイナスとなることもあります。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

銀行カードローンの即日融資

消費者金融でキャッシングをはじめるとき、ほとんどのところで即日融資が可能になっていますが、銀行のカードローンでも事業融資 即日融資が可能になったところが増えています。
即日融資はその日に申込んでその日に融資を受けられるといったサービスで、消費者金融はリテール(小口金融)に特化していて、これまでに築き上げたノウハウやシステムを利用し、スピード融資をおこなっていますが、銀行は小口融資が得意分野でないため審査に時間がかかることから即日融資は難しいと言われていました。
最近ではテレビCMなどでよく見かける三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」はカードローンの即日融資の先駆けともいえるようで、テレビ窓口から申込みをすると最短40分でカードを受け取ることができる即日融資や、新生銀行のカードローン「レイク」は消費者金融で築き上げたシステムやノウハウをそのまま譲渡しているため、最短30分で審査が終わるといったスピード審査をおこなっています。
ネット銀行でも即日融資が可能ですが、お金は口座へ振り込まれ、キャッシュカードを使ってお金を引き出すことになるので事前に口座を持っている必要があり、口座を開くまでに2週間ほど必要になるので口座がなければ即日融資はむつかしいといえます。
即日融資は利便性のあるサービスですが、そのためにカードローンが制限されてしまうので、時間のあるときにインターネットなどから情報を収集して、自分に適したカードローンを選ぶことをおすすめします。

Posted in ローン | Tagged | Leave a comment

消費者金融を利用する前に知っておきたい注意点

一昔前までは怖くて暗いイメージを持つ方が多かった消費者金融ですが、テレビコマーシャルや広告によるイメージアップ戦略により、そのイメージが変わりつつあります。以前は消費者金融に対して抵抗意識を持っていた女性や若者層の中からも利用者が増加しているのです。しかしその反面、計画性のない借り入れをしたために返済が困難になっている利用者も多数存在します。
消費者金融を利用するにあたり、事前にどんな注意点があるのかを知っておくことが大切です。そうすることで後にトラブルに巻き込まれたり、返済が困難になり生活を圧迫するといったストレスを防ぐことができます。デメリットについても知った上で納得して借り入れるなら後悔することも避けられるでしょう。
まず、申し込もうとしている業者が登録業者かどうかを確認しましょう。貸金業者には、営業所等の所在地を管轄する財務局長または都道府県知事の登録を受けなければならないことになっていますが、中には登録をせずに営業をしている業者も存在しているので注意が必要です。金融庁のホームページで登録業者かどうかを確認できます。
また、出資法で定められている上限利息を超えていないかどうかも確認しましょう。上限金利は年20%です。カードローン審査通らない違法な金融業者から借り入れをすると、違法な高金利のために借金が一気に膨れ上がり、返済不能になりかねません。10万円以内の小口の借金ならすぐに返済できると感じるかもしれませんが、実際には利息が思った以上に負担になるということを覚えておきましょう。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

おまとめローンを銀行で行うなら審査は厳しい

専用のおまとめローンがない銀行でも複数の借り入れをまとめることはできます。
ただし、通常の銀行カードローン資金使途の範囲内で利用することになります。
銀行カードローンの資金使途は事業性のある融資以外は自由となっています。
普通のこと、と思われるかもしれません。
しかし消費者金融のフリーキャッシングでは資金使途が生計費に限るとなっていることは少なくありません。
他社からの借り入れ金額をまとめるためには消費者金融の場合、おまとめローンを利用することになります。
銀行カードローンは融資限度額に応じて金利が変わります。
そのため借り入れ金額が大きくなるおまとめの場合には低いおまとめローンの金利で借り入れができることも期待できるでしょう。
例えば平均的な銀行金利である三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、もちろんおまとめにも利用することができますが金利はどのようになっているのかを見てみましょう。
500万円 年4.6%〜年5.1%
400万円超500万円未満 年5.1%〜年5.6%
300万円超400万円以下 年5.6%〜年6.1%
250万円超300万円以下 年6.1%〜年7.1%
200万円超250万円以下 年7.1%〜年8.1%
150万円超200万円以下 年8.1%〜年9.6%
100万円超150万円以下 年10.6%〜年11.6%
50万円超100万円以下 年11.6%〜年12.6%
10万円以上50万円以下 年14.6%
ご覧になってもわかるように融資限度額が上がるほどに金利が下がっていきます。
消費者金融のおまとめローンなら利息制限法に基づいて100万円以上の借り入れなら上限金利は15.0%以下となりますが、銀行カードローンであれば例えば三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなら100万円を超す時には10.6%〜11.6%が適用されることになります。
しかし銀行カードローンはおまとめのためのローンではありません。
そのため審査は通常の銀行カードローンとして行われることになります。
借り入れ金額が大きい場合、もしくは借り入れ件数が多い時には審査が厳しくなることはいうまでもありません。
まずは借り入れ先を減らす、借り入れ金額を減らすなどの準備をしてから銀行カードローンの低金利を利用しましょう。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

モビットってどんな感じなのでしょうか?

消費者金融は日本に数多く存在していますが、その中で、今回はモビットについて調べてみました。
皆さんは、モビットという会社は聞いたことがありますか?
モビットは消費者金融の中でも、銀行系消費者金融です。三井住友銀行グループの傘下にありますが、三井住友銀行が直接経営を行っているわけではありませんので、総量規制の対象内になります。
正式名称は、「株式会社モビット(Mobit Co., LTD.)」です。社名の由来は“Mobile”“Money”のMoと、データ単位のBit(ビット)という語句を合わせた造語であり、情報化社会に特化した名前となっています。
申し込みの条件は、たの大手消費者金融と同じく、「満20歳以上65歳以下で安定収入のある方」となっています。従って、パート・アルバイト、派遣社員、自営業でも申し込むことができます。しかし、上記でも申しましたが、総量規制の対象となっているので、収入のない専業主婦や年金生活者(年金以外に安定収入のない方)は申し込みができないようになっています。
金利は4.8〜18.0%となっており、消費者金融の中でも高いほうの金利と言えるでしょう。従って、金利重視の方にはあまりお勧めとは言えないかもしれません。
しかし、モビット 増額はスピードと便利さ重視の方には非常にお勧めです。
モビットの最大のメリットは、「WEB完結申込」です。これは近年開始されたばかりで、当時は業界初の画期的な試みとなっています。
このシステムを利用すれば、申し込みから借り入れまで、全ての手続きがインターネット上で完了できてしまうのです。
このシステムが導入される前には、「すぐモビ」と呼ばれる無人契約機での申し込みが主流でした。しかし、この「WEB完結申込」によって、面倒な手続きを一切排除することが可能となったのです。店舗来店も、電話も、郵便物も全て必要ないのです。
また、モビットの審査にかかるスピードも業界最短の30分での完了が可能なのです。モビットではWEBからの事前申し込みができるようになっているので、これ行うことに寄って、審査のスピードを速めることができ、最短30分での完了ができる仕組みとなっています。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

カードでお金を借りる方法

カードでお金を借りる方法にはいろいろありますね。
まずは銀行のローンカードを使ったカードローン。こちらは安心の銀行のローンなので、金利も安価。しかも総量規制には関係がないので、融資金額も高額の限度額を利用することが可能で、まとまったお金が必要な時には非常に便利です。
それから、消費者金融のキャッシングカードを使ったキャッシング。このキャッシングサービスは何においても迅速に対応してくれるので、急にお金が必要になったりする時には、大活躍まちがいなしです。
そして、クレジットカードのキャッシング機能でもお金を借りることができます。クレジットカードは主にショッピングのローンを利用したい時に使うカードなので、このキャッシング機能はあまり使われないことが多いです。しかし、このキャッシング機能は海外で利用すると便利です。融資金が現地通貨で引き出せるので、両替所を探す必要がないからです。
これらに共通して言えることは、カードを使って融資金を最寄りにATMから、必要な金額だけを引き出すことができる、ということです。とても簡単に現金が引き出せるので、ついつい使い過ぎてしまうことがありますが、これは自分のお金ではなく、借金だということを忘れてはいけません。後から利子をつけて返済しなくてはなりません。利子は予想以上に請求されることが多いので、手元のお金に余裕ができたら、なるべく早く返済することをおすすめします。くれぐれも使い過ぎにはご注意ください。

Posted in ローン | Tagged | Leave a comment

即日融資を安心して利用しよう

お金を借りるには、キャッシング即日審査を受ける必要があります。
一昔前までは、審査に数日から1週間以上要していました。
その間、申込者は、「自分は審査に通過するのか?」と不安といらだちの中、時間を過ごさなくてはいけませんでした。
いかにも、精神的に負担がかかりそうな状況です。
しかし、現在ではそのようなことはありません。
審査のスピードは確実に向上し、即日融資を安心して受けることができるようになりました。
申込方法も、窓口での直接申込以外に、電話・インターネット・無人契約機と多彩に進歩しています。
ここ数年では、スマートフォンでの申込も利用者が増加しています。
これらの方法で申込を行うと、最短で30分、早くて即日で審査の結果を知ることができます。
その日の内に、現金を引き出すことも、十分に可能になっています。
各社とも即日融資可能であることを、大きくアピールして、顧客の獲得を図っています。
即日振込サービスを利用すると、その日の内に、指定した金融機関口座に融資金を振り込むことも可能です。
今日が公共料金の支払い日なのに、どうしても銀行に行く時間が無い、といった方にとっては、本当に助かる存在です。
さらに数日間利息無料サービスと併用すると、その利便性は一段と高いものになります。
即日融資を安心して利用するには、受付時間に注意しましょう。
申込受付時間帯や、金融機関の営業時間帯によっては、融資可能時間が、翌日以降になることもあります。
不明な点があれば、あらかじめ担当者に確認しておくようにしましょう。

Posted in 消費者金融 | Tagged | Leave a comment

消費者金融でお金を借りる方法

お金を借りる方法としていろいろな方法がありますが、日常生活で簡単に利用できるお金を借りれる方法として銀行や消費者金融を利用したキャッシングが一般的といえます。
消費者金融でキャッシングするとき、銀行に比べて審査がとおりやすく、わずか数分で審査が終わり、最短その日に申込んでその日に融資が受けられる「即日融資」に人気があり、銀行でも一部即日融資ができるいるところもありますが、銀行の審査は消費者金融に比べてきびしく、審査時間もかかるため実際に即日融資ができる銀行は限られてしまい、その日にお金を借りたいときは消費者金融を選んだほうがより確実といえます。
消費者金融の金利は銀行に比べて金利が高いことで、消費者金融は銀行からお金を借りて資金としているため、当然銀行にも金利を払わなければならないのでどうしても金利が高くなることや、貸金業法の総量規制の対象になるため、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されていることから収入のない専業主婦は消費者金融を利用してキャッシングができません。専業主婦が個人名でキャッシングができるのは銀行カードローンに限定されます。
消費者金融の商品の総量規制の対象となるのは「フリーローン」ですべての商品が総量規制の対象ではなく、「おまとめローン」や「事業者ローン」といった商品はは総量規制の対象外の商品で、複数社ある借入をひとつにまとめたいときに利用できる商品や融資を受けにくいといわれる個人事業者用の商品もあります。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

カードローン審査・個人事業主の場合

カードローンは、何も一般的なサラリーマンの方だけが利用するとは限りません。
主婦・学生・高齢者など、そのニーズは様々な方に見受けることができます。
ただし、ニーズがあるからといって、審査に合格するとは限らないのも、カードローンの特徴です。
個人事業主の方でも、カードローンの利用を考える方は、たくさんいらっしゃいます。
カードローンはあくまでも、個人向けの消費資金に利用されます。
個人事業主の方の利用も、実際の仕事上の資金としては利用できませんが、個人の生活上の資金としては利用できることになります。
ただし、個人事業主の方は、一般のサラリーマンと比較すると審査に合格しにくい傾向があります。
収入自体にばらつきがあり、景気の影響を大きく受けてしまうからです。
サラリーマンの場合には、万が一返済が滞った場合、給与を差し押さえして回収を図ります。
しかし、個人事業主の場合には、回収を行う手段が難しいことも、カードローン 審査に影響を与えています。
個人事業主のカードローンの利用には、通常は、次の条件を満たす必要があるといわれています。
・開業後3年以上順調に経営している
・確定申告が青色で利益を出している
・現住所の定住期間が5年以上
・子供がいる場合は小学生以上
・消費者金融で現在借入がない
・支払い用の銀行口座が解説5年以上
特に、個人事業主の場合には税金対策を兼ねて、所得を低く抑える傾向にあります。
そのため、スコアリングの点数が伸びないという側面もありますので、利用の際には、担当者に一度相談するようにしましょう。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

カードローンの審査とは?

カードローンを利用するには審査を受ける必要があります。
各社の基準に従った審査に合格した方が、利用することができます。
それでは、カードローンの審査とは、どのようなものなのでしょうか。
カードローンに限らず、ローンの審査とは、申込者がきちんと返済できるのかどうかを判断することです。
利用者にきちんと返済をしてもらわなければ、貸したお金が帰ってきません。
その分、貸し手側の損失につながりますので、審査を行い、利用者の返済能力を見極めるのです。
その中で最も重要視される項目は、申込者の収入状況です。
申込金額に応じた適切な収入が、安定してあるのかどうかを確認します。
収入が単純に高いだけではありません。
その収入が「安定」しており、持続して返済を続けることができることが大切なのです。
その為には、申込者の勤務状況も重要になってきます。
勤務先の状況だけではなく、勤続年数や職種も判断材料の一つです。
個人事業主や、中小企業の経営者などは、その分厳しく見られる傾向にあります。
他社からの借入状況も大きなポイントです。
いくら収入があっても、大きな返済負担が既にある方であれば、今後の返済にも疑問を生じるでしょう。
ケースによっては、その返済に資金が回されるのではないかと判断されます。
その為、個人信用情報の照会により、借入状況に問題がないことを確認します。
これらの審査項目は各社によって異なっていますが、基本的な部分は共通しているといえるでしょう。
ようするに、新しい融資に対して問題なく返済できることが条件となるのです。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment